キャットフード選び

既に市販のキャットフードを利用している場合、手作りに切り替えるには段階的に進めます。いきなり手作りを与えても食べないケースが多いです。キャットフードに茹でた野菜を混ぜてみたりして猫がビックリしないように少しずつ試してみるのが良いです。

手作りだとNGな食材もあるので不安な方はキャットフードを工夫しましょう。
基本情報ですがキャットフードには、総合栄養食・一般食・療法食があります。市販されているパッケージには必ず記入されています。総合栄養食とは栄養のバランスがそれだけで取れており、あとは水だけを飲めばOKになっています。

一般食とは人間で例えるとコンビニでおかずだけの食品になります。一般食だけを食べ続けると栄養のバランスは悪くなります。療法食は特定の病気に対しての食品になります。
ただし、病院で貰う薬とは異なるので人間に例えるとカロリーオフの炭酸飲料水や塩分控えめの食品に近いです。人間の食事と同じように安全面が不安な食品は猫にも与えたくありません。ミンチ肉だと色んなお肉が混ざっているので何が入っているか不安ですしミートミールの可能性もあります。
人間が食べても大丈夫なくらい安全面が保証されたキャットフードをヒューマングレードと呼びます。パッケージにヒューマングレードとあれば安全面・衛生面が保証されています。

まずは今使っているキャットフードがどういったものであるかを調べてみて、添加物や原材料が気になるようならキャットフードを切り替えましょう。キャットフードを切り替えて、段階的にチャレンジできるなら手作りにシフトするのも良いです。