手作りキャットフード

市販のキャットフードではなく手作りすることで猫の健康をサポートできます。手作りには予備知識が必要になりますので少しずつチャレンジするのがオススメです。専門家によっては手作りに賛否両論がありますがメリットがあります。手作りすると市販のキャットフードと比較して水分量が多いです。

体内の水分が少なくなると老廃物が溜まりやすくなるので食事で水分を補給する事で健康を維持する事ができます。手作りをすると自分で栄養をコントロールできます。市販のキャットフードの裏面を見ても何が入っているのか分からないです。人間と同じで添加物が含まれている食品は猫にも影響があります。人間も手作りの食事を食べた方が良いように猫にも手作りの食事で栄養を補給できます。

手作りで気をつけたいのが食べさせてはいけない食材があります。
子猫の時は牛乳を飲ませても良いですが大きくなったら牛乳はNGです。人間と比較して猫は乳糖を分解する力が弱いため下痢になる可能性があります。
タマネギやニンニクなどのねぎ類もNGです。ねぎ類には中毒物質が含まれており死亡するケースもあります。貝類もNGです。猫が食べると消化できない為、体調を崩します。食べるとNGの食材はいくつかありますので事前に調べてからチャレンジしましょう。

ねぎ類以外の野菜はオススメです。最初に食べさせる食品は茹でた野菜などからスタートします。猫によって好き嫌いがあるので色々と試すと良いです。鶏肉は猫にとって栄養素が豊富なのでオススメ食材です。白身魚やサケなども高タンパクで低脂肪なのでオススメの食材です。基本的に熱を通してから食べさせます。